必見!お中元やお歳暮のマナー

マナーを守って渡すこと

>

自分の評判に関わること

目安となる金額を知る

かなりお世話になった人には、10000円相当のものを渡すのがマナーです。
仕事の上司には、5000円ほどのものが良いでしょう。
親戚やそれ以外の知り合いは、3000円ほどで良いと言われています。
相手との関係性によって、お中元やお歳暮の金額の目安が変わることを忘れないでください。
お世話になっているのに、安いものを渡すのは失礼です。
相手が怒って、関係性が悪化するかもしれません。

お中元やお歳暮がきっかけで、関係性や自分の評判が悪くなってしまうことがあります。
正しいマナーを守っていれば、人間関係を良好に保つことができるでしょう。
誰にお中元やお歳暮を渡すのか、考えてください。
そしてそれぞれに、いくらぐらいのものを渡せば良いのかメモを取りましょう。

人気が高いものは何か

お菓子や缶詰の詰め合わせ、洗剤などの消耗品が昔から人気です。
何を選択すれば良いのかわからなくなったら、定番の商品にするのが良いでしょう。
相手の好みを知っていれば、それを渡しても良いと思います。
お中元は夏に渡すものなので、冷たいものでも良いでしょう。
そうめんのセットや、ジュースやお酒の詰め合わせなどが好まれています。
また最近は、カタログギフトを渡す人も増えています。

相手に変なものを渡して、喜んでもらえばかったら悲しいですよね。
カタログギフトだったら相手が自由に好きなものを選択できるので、お中元やお歳暮が迷惑になることはありません。
どうしても決まらなかったら、カタログギフトにするのがおすすめです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る