必見!お中元やお歳暮のマナー

マナーを守って渡すこと

>

遠くに住んでいる人に渡す

事前に伝えておくこととは

今は宅配という方法があるので、どんなに遠くに離れている知り合いでもお中元やお歳暮を渡せるようになりました。
いきなり渡すのではなく、前もって送り状を届けるのが良い方法です。
送り状に、誰が、いつ、何を送ったのか記載してください。
すると相手はお中元やお歳暮を受け取って、誰からのものなのかすぐにわかります。

いきなり届けると、誰のお中元やお歳暮なのかわからないので相手が混乱してしまいます。
お中元やお歳暮の中に送り状を同封するという方法もありますが、事前に送り状だけ届けた方が良いでしょう。
宅配で届ける場合は、生鮮食品は控えた方が良いです。
傷みにくいお菓子の詰め合わせや、ジュースやお酒などを選択してください。

早めに手続きを済ませよう

お中元やお歳暮のシーズンになると、たくさんの人が売り場にやってきます。
宅配で送るためには手続きが必要なので、時間が掛かると思ってください。
出遅れると自分の順番が後回しになるので、かなり待たなければいけません。
時間が無駄に過ぎて行くので、早めに準備することを意識してください。
誰に何を渡すのか、決めてから売り場に行くのが良い方法です。

すると売り場に行って迷わなくて済むので、スムーズに購入できます。
売り場にはたくさんの商品があるので、そこで決めようと思っても悩んでしまうでしょう。
悩む時間ももったいないので、事前に決めてください。
遅くなると、お中元やお歳暮のシーズンに相手の家に届けることができなくなります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る